虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!

岩波少年文庫 氷の花たば」 おるがんさんの声

岩波少年文庫 氷の花たば 作:アリソン・アトリー
訳:石井 桃子 中川 季枝子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\640+税
発行日:2004年
ISBN:9784001141191
評価スコア 4
評価ランキング 24,719
みんなの声 総数 1
「岩波少年文庫 氷の花たば」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • クリスマスの前におすすめ

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    妖精とか目に見えない存在は、大人でもわくわくします。
    でも、数年前から子どもたちが、メルヘンの世界を信じ無くなってきたように思います。
    子どもたちにストーリーテリングや絵本の読み聞かせをしていると、現実にはないような内容に「そんなのありえん」と冷たく言ってきます。
    そんな子どもたちも、数回お話を聞いてきるうちに、メルヘンの世界に身をゆだねてくれるようになります。

    子どもの頃に、メルヘンの世界やサンタクロースを信じていると、思春期以降に心の支えのなると言われています。

    この本は短編集なので、数分で一話が読めます。
    小学生のお子さんに、絵本だけでなくこんな本を読んであげてはいかがでしょう。
    一話の途中まで読んであげると、続きは自分で読むと言う子どももいます。
    自分で読むと自信がついて、他の本も読めるようになる子もいました。

    目を輝かせて聞いてくれる子どもたち。こちらまで幸せな気持ちになりますよ。

    投稿日:2010/12/17

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「岩波少年文庫 氷の花たば」のみんなの声を見る

「岩波少年文庫 氷の花たば」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『なんびきのねこたちおどる?』犀の工房・出口有加さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット