でんぐり ごろりん でんぐり ごろりん でんぐり ごろりんの試し読みができます!
作: ふくだ じゅんこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
でんぐりしたら、どうなると思う? えー!?って、言っちゃうよ、きっと!

こねこのぴっち」 ビッケビッケさんの声

こねこのぴっち 文・絵:ハンス・フィッシャー
訳:石井 桃子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1987年11月
ISBN:9784001105957
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,190
みんなの声 総数 59
  • この絵本のレビューを書く
  • なんだ、ねこにもどっちゃったの!

    子供のころに読みました。子供のころから、この絵が大好きでした。全編、ぐるぐる、もしゃもしゃの一筆書きみたいなのに、すばらしくダイナミック。ぴっちの黒い毛のもじゃもじゃ感、おこったにわとりのばたばたする羽、子供ながらにまねて描いてみたけど、それはただのぐちゃぐちゃで・・・(^_^;)闇夜にやってくるおおかみの黒、装飾模様で出来ているみたいなケーキ、大型本で出会って、そのころの記憶が一気によみがえりました。考えてみると、私が線画で描かれている本が好きなのは、この本が原点かもしれません。

    ストーリーは、とても明快な子供好きするお話です。読後に残るのは、こんなに小さな、どちらかというと好き勝手なぴっちをとても愛してくれる、まわりの動物たち、りぜっとおばあさんの優しさです。でも、「まわりの優しさ」なんかに感情移入するのは大人になったからかもしれません。子供の時にはそんなこと感じませんでしたもの。池でおぼれて重い病気にかかったぴっちはとても手厚く介抱されて、みんなお見舞いに来てくれるのですが、とても丈夫で病気になんかなったことのない私は、心底そのシーンにあこがれたのでした。そんなことしか覚えていないですねえ(^^ゞ

    そしてわが子はどんな感想を持ったかというと・・。冒険の末、ねこであることに満足したぴっちに「なんだ、ねこにもどっちゃったの!おおかみになればいいのにねえ。」
    世代を超え、人それぞれの感想をもたせる、すばらしい本です!

    投稿日:2006/03/26

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「こねこのぴっち」のみんなの声を見る

「こねこのぴっち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / だるまさんが / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(59人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット