宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おばあちゃんのきおく」 なびころさんの声

おばあちゃんのきおく 作:メム・フォックス
絵:ジュリー・ビバス
訳:日野原重明
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:2007年11月
ISBN:9784062142960
評価スコア 4.63
評価ランキング 3,061
みんなの声 総数 7
「おばあちゃんのきおく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 優しさがにじみ出ている

    優しさがにじみ出ている表紙に見とれてこの絵本を選びました。内容もとても温かな感動する物でした。年をとったら記憶を失う事は致し方ない事なのかなと思っていましたがこの絵本を読んで考えが変わりました。大切なのは相手を思いやる気持ちなのだと主人公から学びました。何とかしてあげたいという気持ちこそあれば人の心には響くものなのだと思いました。温かな文章と共に温かい絵もとても素晴らしかったです。主人公の男の子は心から御婆ちゃんを思っていたからこそ御婆ちゃんの記憶を取り戻す事に成功したのだと思いました。

    投稿日:2008/09/21

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おばあちゃんのきおく」のみんなの声を見る

「おばあちゃんのきおく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / じゃあじゃあびりびり / としょかんライオン / いないいないばあ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット