宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

犬ロボ、売ります」 クッチーナママさんの声

犬ロボ、売ります 作:レベッカ・ライル
絵:小栗麗加
訳:松波佐知子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年4月30日
ISBN:9784198625214
評価スコア 4.4
評価ランキング 10,505
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く
  • 運命の出会いでうれしい展開へ

    小学校2年生の長女が図書館から借りてきた絵本です。題名も面白そうですしユーモラスな挿絵に惹かれたので、一緒に読むことに。少し長めのおはなしでしたが、主人公ロボワンの行く末が気になって、一気に読み切りました。
    そうじ、せんたく、料理など、家事が何でもできるロボ・ワンは、新米発明家のトムがつくった本物そっくりの犬型ロボット。人間と同じ気持ちを持つロボ・ワンは優しいご主人様に飼われて幸せに暮らしたいと願っていましたが、家族全員ぐうたらでなまけもののヨゴレータ家に引き取られてしまいます。
    毎日毎日、朝から晩までヨゴレータ一家にこきつかわれるロボワンの姿は、かわいそうで胸が痛くなるほどでした。でも、運命の出会いがロボワンに訪れます。
    川で溺れた女の子を助け、おかあさんに「いい子ね」と褒めてもらって頭をなでられ、女の子に「ありがとう!」と言って抱きしめられるのです。そんなロボワンに心から「よかったね」と言ってあげたくなりました。
    娘も大満足の様子で、「面白かった!」とうれしそうにしていました。

    投稿日:2012/07/31

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「犬ロボ、売ります」のみんなの声を見る

「犬ロボ、売ります」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / どうぞのいす / バムとケロのそらのたび

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット