ロングセラー
どんなにきみがすきだかあててごらん

どんなにきみがすきだかあててごらん(評論社)

世界中で愛されている絵本!まもなくかわいい続編が刊行されます!

  • かわいい
  • ギフト
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ

ジミーのムーンパイ・アドベンチャー」 ポピンズさんの声

ジミーのムーンパイ・アドベンチャー 作・絵:トニー・ディテルリッジ
訳:安藤哲也
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年06月
ISBN:9784894235861
評価スコア 4.43
評価ランキング 10,422
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く
  • ハイレベルでダイナミックな連想ゲーム!?

    • ポピンズさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子7歳、男の子3歳

    「すきなおやつをもらうために、きみならどのくらいとおくまでいく?」
    とびらのこの文に、「えーっまさかこの子月までいっちゃうってワケ?」と興味津々の娘。
    最初のページ、ムーンパイ食べちゃダメと言われても、「外であそんでいらっしゃい」といわれるジミーに、娘は一言。
    「おやつだめでも外で遊んでいいなんて、いいな。おかあさんやさしいね」
    娘には晩ご飯前に外で遊ぶ習慣がないので、ちょっとドキッとする発言ながら、「外で遊んでいい」自由の権利の偉大さを、その後実感。
    ジミーは、外に行く事を許可されたからこそ、こんなステキな冒険ができたのです!
    みるみる世界が広がっていく、スケールの大きい連想ゲームのようだと、この勢いある展開に思いました。
    「ムーンパイ」→「月までとべたらな」→(なんと!!!)「ひみつののりものが飛んだ!!」→「ムーンパイゲット」→「ムーンパイに合うミルクがほしい」→「月をとびこした牝牛」→「ミルキーウェイ」・・・果てしなく続く大冒険。
    『そうぞうりょくをなくしてはいけない』との最初の言葉どおり、まさに想像力さえあれば、どんな冒険だってできてしまうという基本を、改めて思い知らされました。
    そのままオーナメントとして部屋に飾りたいような、味のある「月の王様」の絵(帽子はかぶるお月様はいても、ふつう髪の毛や、体全体には服着てませんよね。眼鏡も鼻も、すべて小洒落てます)に魅かれて選んだこの絵本ですが、予想をはるかに凌ぐダイナミックな絵本でした。
    読み終えて「ムーンパイって、ほんとにあるの?」と娘。
    あるんだよ、と答えると「へーーえっほんとに???」
    随分気に入っている様子なので、一般的なお菓子なら、アメリカに住んでいる妹に頼んでお取り寄せしちゃおうかなっなんて思ってしまいました。

    投稿日:2010/11/02

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ジミーのムーンパイ・アドベンチャー」のみんなの声を見る

「ジミーのムーンパイ・アドベンチャー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / バムとケロのさむいあさ / バムとケロのそらのたび / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット