宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

てぶくろ」 はるとうちゃんさんの声

てぶくろ 作:(ウクライナ民話)
絵:エウゲーニー・M・ラチョフ
訳:内田 莉莎子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,000+税
発行日:1965年11月
ISBN:9784834000504
評価スコア 4.74
評価ランキング 884
みんなの声 総数 338
  • この絵本のレビューを書く
  • 冬に欠かせない!

    冬と言ったらこの名作は欠かせませんね!個性的な動物たちが温かそうなてぶくろに誘われ入っていきます。

    やはり良いストーリーの絵本は劇ごっこで楽しみやすく、子ども達にも馴染みやすいと思います。絵本から遊びが広がっていくのも、素晴らしい絵本だということの何よりの証拠だと思います。

    投稿日:2015/01/28

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「てぶくろ」のみんなの声を見る

「てぶくろ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / オニじゃないよ おにぎりだよ / ママがおばけになっちゃった!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット