宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

まんげつダンス!」 ガーリャさんの声

まんげつダンス! 作・絵:パット・ハッチンス
訳:なかがわ ちひろ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年04月
ISBN:9784834022803
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,412
みんなの声 総数 29
「まんげつダンス!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • ハッチンスブーム再来

     ハッチンスの絵本を日本語で読んだのは初めてでしたが、久々のヒット作(!)と言える楽しい作品にめぐり合いました。
     ハッチンスの発想って、なんておもしろいんでしょう! それに、カラフルで、ユーモアたっぷりの絵。これはもう子どもに受けること間違いなしですよね。
     娘が、キンダー入学当初に読み漁っていましたが、ハッチンスのブーム再来、となりそうな予感がします。

     ハッチンスの描く動物たちの表情は、本当にユニークですね。娘も、それはそれは楽しそうに、1ページずつ描き写していました。気に入った絵本があると、画用紙にかき写して、「自分だけの絵本」を作るのですが、1冊かくのは大変なので、数ページでよしにしてしまったり、途中抜かしたりすることもあるのですが、この絵本は最初から最後まで絵も文章もすべてかいて完成させました。そのくらい楽しかったんですね!

     そんな動物たちが、顔以上に(?)面白いことをやってくれるんです。うま、ひつじ、ぶたと、それぞれに突拍子もなく楽しい踊りを披露してくれます。
    ぱかぱか、ぽよよん、らたたたた・・・。でも、最後に本当の「まんげつダンス」を楽しんだのは、誰だったでしょう?

     暑いときこそ大笑い。親子で笑えば、暑さも吹っ飛びますよ!

    投稿日:2010/09/23

    参考になりました
    感謝
    2

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「まんげつダンス!」のみんなの声を見る

「まんげつダンス!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / まんじゅうじいさん / 妖怪アパートの幽雅な日常(1) / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット