宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

はじめてのおでかけ」 かおりせんせいさんの声

はじめてのおでかけ 作:よこた みのる
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年02月
ISBN:9784652040614
評価スコア 4.2
評価ランキング 18,221
みんなの声 総数 4
「はじめてのおでかけ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • お茶目な王様!

    前に「しちにんのとうぞく」を読んでから、
    かわいらしい王様が作品ごとにどんなことをしてるのか?
    とても気になって、第1作目から読むことにしました。

    王様の鼻が伸びるようになったいきさつやら、
    どれくらい伸びるのか?と言ったことが、挿絵と共に
    おもしろく描かれていたり、おとぎ話の王様やお姫様が持つ
    お城の外への憧れからお城を脱出する方法などまで〜
    どれもこれもうわ!ホントに?おもしろそう!
    と、王様の行動はとても気になります。

    そして、この王様のかわいらしいところも!
    ハート柄が好きだったりで、なんてお茶目な王様なの??
    ってかわいく感じます。
    ますます、他のシリーズも読みたくなりました。

    投稿日:2008/08/29

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「はじめてのおでかけ」のみんなの声を見る

「はじめてのおでかけ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / だるまさんが / どんどこ ももんちゃん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。


大きくて愉快でだいすきなパパへの気持ちが絵本になりました

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット