貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

福音館文庫 パディントン妙技公開 パディントンの本(7)」 ラムネ色さんの声

福音館文庫 パディントン妙技公開 パディントンの本(7) 作:マイケル・ボンド
絵:ペギー・フォートナム
訳:松岡 享子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:2004年10月
ISBN:9784834018424
評価スコア 4
評価ランキング 24,396
みんなの声 総数 1
「福音館文庫 パディントン妙技公開 パディントンの本(7)」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 若いクマの紳士

    シリーズ7冊目の作品です。
    7つのエピソードで構成されています。
    久しぶりに、暗黒の地ペルーに里帰りしたパディントンが
    乗っている船からお話が始まります。
    イギリスもまじかになった船に、迎えに乗り込んできた5人の家族を交えてのお話と、イギリスの家庭にもどってからの、お隣のカリーさんや、親友のグルーバーさんとのエピソードなど。
    まじめで、優しい性格のパディントンが、毎回起こす騒動は、
    いつも不思議なことに、良い結果に落ち着きます。
    ペギー・フォートナムさんの独特の挿絵が、私には貴重です。

    掲載日:2017/08/20

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「福音館文庫 パディントン妙技公開 パディントンの本(7)」のみんなの声を見る

「福音館文庫 パディントン妙技公開 パディントンの本(7)」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



日本出版10周年記念! アリスン・マギーさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット