宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

しちどぎつね」 ちうやかなさんの声

しちどぎつね 作・絵:田島 征彦
出版社:くもん出版
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年04月
ISBN:9784774313757
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,513
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く
  • 十八番にしたい

    • ちうやかなさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子13歳、男の子10歳

    これ、ホントおもしろい!!
    発案から完成まで30年かかっているのもスゴイ!
    例えば江戸時代の季節と農作物についても徹底的に文献などで調べたそうですね。
    こういうのが本当のプロの仕事なのでしょう。
    家と小学校の教室で読んでいますが、実によく聞いてくれます。
    息子たちはひどくうけてくれて、また何回も同じところを読まされます。
    「あれェ ここにあった○○ どこへ やりました?」のフレーズで
    なぜだかすごくおもしろがってくれます。
    「♪やっとこせェー。よういやなァー。」では、おしっこちびりそうになっています。
    私はとにかく自己流ですが、あの、「間」がミソなのかな。
    うちでは『とくべえとおへそ』以来の衝撃本です。
    途中で出てくる『伊勢音頭』は今は適当に歌っているので、
    これでは30年の制作時間をかけたことに対して申し訳なく・・・
    『伊勢音頭』のCDを借りました。
    今度は覚えてから読もうと思っています。
    ついでに米朝の『地獄八景亡者戯』のCDを発見したので、
    車の中で聴いて笑っています。(運転注意)
    すると・・・なんだか自分がだんだん米朝さんになった気分になって、
    絵本のほうも調子に乗って読んでしまうのですね。
    『七度狐』のCDもあるのでいつか聴いてみたいです。
    ・・・と、お陰様で不惑過ぎて一人で落研しています。

    投稿日:2008/10/12

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「しちどぎつね」のみんなの声を見る

「しちどぎつね」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / いないいないばあ / バムとケロのにちようび / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / くだもの / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット