宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

あさえとちいさいいもうと」 アダム&デヴさんの声

あさえとちいさいいもうと 作:筒井 頼子
絵:林 明子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1982年4月20日
ISBN:9784834008746
評価スコア 4.79
評価ランキング 356
みんなの声 総数 234
  • この絵本のレビューを書く
  •  筒井先生と林先生の絵本は、こどもたちはもとよりお母さんたちの気持ちをグッと引き寄せる作品ばかりですね。

     お母さんの気持ちになったり、主人公の女の子の気持ちになったり。
     
     この作品は、主人公のあさえちゃんの表情のアップがあまりありません。
     が、かがんでいる姿、後ろ姿、走っている横顔に、夢中な様子や驚き、必死さが本当によく伝わってきます。
     
     公園への入り口が見えてきたページのあさえちゃんの翻るスカートの裾に、涙が出てしまいました。

     あやちゃんに駆け寄り、抱きしめるあさえちゃんを見て、きっとしっかりものの優しいお母さんになるんだろうな〜って、思いました。

    投稿日:2010/01/28

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「あさえとちいさいいもうと」のみんなの声を見る

「あさえとちいさいいもうと」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本
  • かえるがみえる
    かえるがみえるの試し読みができます!
    かえるがみえる
    作:松岡 享子 絵:馬場 のぼる 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    かえるがみえる、かえるがかえる、「える」の変化だけで愉快なお話が生まれます!言葉の手品みたいな絵本


大人気シリーズ第二弾「家族がいるって、どんなかんじかな」

全ページためしよみ
年齢別絵本セット