くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

じぶんだけの いろ」 うなうなうあさんの声

じぶんだけの いろ 作・絵:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,068+税
発行日:1978年
ISBN:9784769020080
評価スコア 4.76
評価ランキング 594
みんなの声 総数 79
  • この絵本のレビューを書く
  • おともだち

    新学期になってクラス替えがあり、仲良かったお友達と離れてなかなか同性のお友達が出来ない、娘。
    この本が、いいかな?と思って読んでみました。
    娘より、母が気に入ってしまいました。

    とにかく、絵がきれいで好きです。
    フレデリックやコーネリアスを読んだことがあって、私は他と違うのを受け入れる心がない。。。と思ったり、レオニさんが少し難しいと思っていましたが、この本で大好きになってしまいました。
    一緒にいる事の大事さ、悩みも一人でかかえこまないで言える人がいる大事さ、わかちあうことなど奥が深いです。
    子どもに少しでも伝わり、仲良しのお友達が出来るといいです。悩んでいるのは一人ではないってことに気がついてくれるとなおうれしいですし、母、父、弟が常にいることをわすれないでいてほしいです。
    娘は、しましまもようになるカメレオンが気に入ったみたいですが。。。

    掲載日:2008/05/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「じぶんだけの いろ」のみんなの声を見る

「じぶんだけの いろ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



医学博士/脳科学者・加藤俊徳さん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット