まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ハリー・ポッター(1) ハリー・ポッターと賢者の石」 りらまいりらさんの声

ハリー・ポッター(1) ハリー・ポッターと賢者の石 作:J.K.ローリング
訳:松岡佑子
出版社:静山社 静山社の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:1999年12月
ISBN:9784915512377
評価スコア 4.22
評価ランキング 19,343
みんなの声 総数 8
「ハリー・ポッター(1) ハリー・ポッターと賢者の石」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 魔法の世界へ

    私が初めてこの本に出合ったのは、
    まだ日本ではそれほど話題になっていない時に、
    NYを旅行中に立ち寄った本屋でした。
    大人の本と混じって一緒に展開してある児童書に
    興味を惹かれて、さっそく購入。

    もうみるみる話に引き込まれてしまいました。
    子供用の本とは思えないほどです。
    以来ずっとハリーポッタ―の世界の虜になりました。

    いつか子供にこの本を読んであげたい。
    一緒にハリーの世界に入っていきたい。
    そう思って、日本語版も購入。
    (まだ当時は子供どころか、結婚もしていなかったのですが・・・)

    今ようやくその夢がかなって、一緒にハリーの世界を楽しんでいます。
    まだ8歳で自分で読むには大変だろうと、
    寝る前に少しずつ読み聞かせをしました。
    まだ早すぎるかなという心配も杞憂でした。
    「次は?」「ハリーはどうなるの?」と本当に目をきらきらさせながら聞いていました。
    毎晩読み聞かせを終わるたびに「もっと!」「早すぎ!」とブーイングです。
    下の子(6歳)も楽しみにして聞いています。


    読んでもらうのとは別に、いつの間にか自分でも読んでいました。
    わからない感じもそれなりに想像して読んでいるようです。
    これからどんどん面白く、怖く、悲しくなるお話に
    一緒に入り込んでいきたいと思います。

    投稿日:2013/08/19

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ハリー・ポッター(1) ハリー・ポッターと賢者の石」のみんなの声を見る

「ハリー・ポッター(1) ハリー・ポッターと賢者の石」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / どうぞのいす / いないいないばああそび / ぐりとぐら / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット