INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー
作: 香川 照之 ロマン・トマ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

おこだでませんように」 tori.madamさんの声

おこだでませんように 作:くすのき しげのり
絵:石井 聖岳
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年06月
ISBN:9784097263296
評価スコア 4.79
評価ランキング 398
みんなの声 総数 273
  • この絵本のレビューを書く
  • ぼくはなぜ褒められたのか

    どうしてぼくは褒められたの?
    長女の率直な疑問でした。

    確かにそうなんです。

    いつもいつも怒られてばかりのぼく。
    本当はあんなことこんなこと思っているけど、
    言ったらもっと怒られる。
    だから黙って怒られているぼくが、七夕に書いたお願い事。
    それが、タイトルにもある
    「おこだでませんように」

    これを見て、良いお願い事だ、よく書けたね、偉かったねと先生が褒めるのです。

    でも、このお願い事は褒められることなのか?
    今まで、なかなか本当の気持ちに気付いてあげられなくてごめんね、ということなのは分かるのですが、
    娘から、なんで褒められたの?と、言われたら確かにそうだなぁと思うのです。

    じゃあ、この絵本はどうなんだといえば、でもやっぱり好きなんです。
    初めて読んだ時に泣きました。
    私が怒ってばかりの母親だから、ぼくのねがいごとに胸を打たれ、娘もこんなことを思っているのだろうか、なんて思うと、
    大らかな母親になろうと、この絵本を読むと思えるのです。

    娘もこの絵本が大好きで、よく読んでと言われますが、主人公のぼくに感情移入するからかなと思うと少し複雑です。

    投稿日:2020/05/13

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おこだでませんように」のみんなの声を見る

「おこだでませんように」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / いないいないばあ / ねないこ だれだ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぼちぼちいこか / わにさんどきっ はいしゃさんどきっ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

全ページためしよみ
年齢別絵本セット