すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
てつじんこさん 30代・ママ

遊びかた無限大
5歳の息子が楽しめそうだと思い購入しま…

コロボックル物語(1) だれも知らない小さな国」 てぃんくてぃんくさんの声

コロボックル物語(1) だれも知らない小さな国 著者:佐藤 さとる
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1985年02月
ISBN:9784061190757
評価スコア 4.86
評価ランキング 63
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く
  • トトロ好きの方はチェック

    国内ファンタジーの金字塔。文学といってもいいぐらいの著書。有名です。
    全集(ファンタジー全集とは別の物)にも、シリーズとしては数えられていないコロボックル小話が収録されているようです。
    別編の絵本もあります。

    最初に読んだのは小3かな。
    ハマるというより、小さい人の存在を普通に受け入れてしまいました。今でもその欠片は残っていて、自然物には神(この作品だとコロボックルという精霊)が宿るという考えは、この辺が原点なのかも知れません。
    身近にある自然が美しい生き物だということに気づかされるシリーズです。
    身近で素朴な、子供の頃誰もが感じる”不思議なワクワク”を題材にした物語。

    全国津々浦々、みんな知ってる「となりのトトロ」のテーマと重なるところ多々あり。
    トトロ好きには気に入っていただけるかと思います。

    掲載日:2014/11/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「コロボックル物語(1) だれも知らない小さな国」のみんなの声を見る

「コロボックル物語(1) だれも知らない小さな国」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ぐりとぐら / からすのパンやさん / だるまさんが / くっついた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / いないいないばあ / おしいれのぼうけん / ねえ、どれがいい?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ミキハウスの「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.86)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット