宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

かなちゃんがいっぱい」 たまっこさんの声

かなちゃんがいっぱい 作:竹下 文子
絵:新野めぐみ
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1999年
ISBN:9784774604572
評価スコア 4.14
評価ランキング 21,190
みんなの声 総数 6
「かなちゃんがいっぱい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 我が子のことはお母さんが一番知ってる

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    かなちゃんは、いつも悩んでしまいます。「何色のパジャマにする?」「パンにはなんのジャムをぬる?」かなちゃんはいつも「え〜っと・・・」と悩んでしまって決められません。そんなある日かなちゃんがお外で遊ぶか家で遊ぶかいつものように悩んでいると、同じかなちゃんがもう一人現れた。「私お外で遊んでくるからあなたは家で遊んだら?」って。それからかなちゃんが悩むたびかなちゃんが現れるようになって、かなちゃんがお部屋いっぱいになってしまいました。そこでお母さん、かなちゃんに「ねるまえに抱っこしてほしいかなちゃん、いらっしゃい」というとかなちゃんは一人も悩まずお母さんの胸に飛び込みました。すると、かなちゃんは一人のかなちゃんになったのでした。

    投稿日:2002/11/19

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「かなちゃんがいっぱい」のみんなの声を見る

「かなちゃんがいっぱい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / はじめてのおつかい / いないいないばあ / ぐりとぐら / からすのパンやさん / こんとあき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おいし〜い
    おいし〜いの試し読みができます!
    おいし〜い
    作:石津 ちひろ 絵:くわざわ ゆうこ 出版社:くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
    おいしいものはうれしい! 累計発行部数30万部超えの人気シリーズ第2巻!


こんにちは!世界の児童文学&絵本

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット