宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

きになるともだち」 蒼葉さんの声

きになるともだち 作:内田 麟太郎
絵:降矢 なな
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2008年09月
ISBN:9784032323009
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,403
みんなの声 総数 68
  • この絵本のレビューを書く
  • 初々しさ全開

    • 蒼葉さん
    • 10代以下
    • その他の方
    • 群馬県

    絵本の良さは本当に色々あると思います。その良さ読む人や読む立場によって少しずつ違って見えるのではないでしょうか。
    私はこのオオカミさんがとてもかわいいキャラとして描かれているところが非常に良いと思います。オオカミって肉食動物だから結構怖いイメージが定着していると思います。しかしこのオオカミさんは可愛いヤマネさんに恋するウブな男の子。読んでいるうちに思わず「がんばれ!」って応援してしまいます。

    今までこんなオオカミが存在したのでしょうか。
    可愛らしい女の子に心を奪われ、ぼんやりしてしまったり、本当はだれよりも会いに行きたいのに、恥ずかしくて会いにいけない。
    ああ…初々しくてとっても可愛い。さばさばとしたかっこいいオオカミさんはどこへやら。
    けれどもそんなオオカミさんだからこそ多くの人に愛されるのかもしれませんね。

    投稿日:2009/10/17

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「きになるともだち」のみんなの声を見る

「きになるともだち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット