こくん こくん
作: 村中 李衣 絵: 石川 えりこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「だいじょうぶ、きっとできる」ともだちとの心の響きあいを描いた絵本

わたしのおふねマギーB」 うららさんの声

わたしのおふねマギーB 作・絵:アイリーン・ハース
訳:うちだ りさこ
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:1976年07月15日
ISBN:9784834004878
評価スコア 4.4
評価ランキング 10,279
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く
  • 自分の船!

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    表紙に見せられて、色をたくさん使っているのにとてもやさしい絵にひかれて手にとりました。

    長女(もうすぐ5歳)はお船の上に畑があるなんて、すごいねぇ。
    土はどうしているのかな?
    と、この素敵がいっぱいつまっている船に興味津々。

    弟と、大好きなどうぶつ達と航海をはじめます。
    青緑色した海老と銀色のすずきがとても鮮やかに描かれていて
    娘はまた釘付け。
    網にかかった海老を指差し「これが海老だ!じゃあ・・・こっちがすずき?」
    「そうだよ」と答えると「ママ魚の名前少しは知っているんだね」と。
    それは褒めてるの?貶しているの??

    女の子はとれた魚介でスープを作ります。
    煮込む香りが船いっぱい・・・
    弟は静かにお昼寝。
    この絵本にはとっても温かい、夢のような時間が詰まっています。

    どうかこの夢が覚めないで欲しい、とおもってしまいます。
    そしてこの絵本はそれをかなえてくれます。
    終わりは描かれていないのです。
    この船旅を心の中でずっと反芻して続けていける幸せがあります。

    投稿日:2006/10/12

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「わたしのおふねマギーB」のみんなの声を見る

「わたしのおふねマギーB」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おおきなかぶ / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おばけのバーバパパ / ぐりとぐらのかいすいよく

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット