おつきみおばけ おつきみおばけ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
お月見の夜、おばけの子は泣いているうさぎの子をなぐさめてあげようと、おばけの子はお月見団子に化けてあげました。すると・・・。

げんきでね」 ココアブレンドさんの声

げんきでね 作:フレンド広子
絵:高岡洋介
出版社:文芸社
本体価格:\1,200+税
発行日:2008年09月
ISBN:9784286048338
評価スコア 4.78
評価ランキング 470
みんなの声 総数 8
「げんきでね」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 絵本のブログで紹介されていたのを読み、子供の頃飼っていたラブラドール、スノーを思い出して「げんきでね」を手にとりました。
    愛犬ラブとの別れを悲しむジェイが、最後は笑顔でラブを雲の上に見送る話ですが、この中で、ジェイが「ああ、ラブにもママとパパがいるんだ」と気がつくページがあり、はっとしました。
    生き物のすべてにママとパパがいるんですよね。でも人間の勝手で離れ離れにされてしまう動物たち。
    ラブが雲の上で楽しそうに遊ぶ動物たちを見て、「あの子はサーカスにいて、あの子は動物園にいたのよ」ってジェイに教えるページがあるのですが、なんだか切なくなってしまいました。
    ラブはパパやママと離れても、「みんなの笑顔に囲まれて幸せだった」といい、「今までありがとう」とジェイに伝えます。
    私は本を読んだ後、自分に問いかけました。果たして、スノーは私たちと暮らして幸せだったのかな。スノーも果たして「ありがとう」っていってくれたのかな、と。
    「げんきでね」は「死と向き合う」テーマと書いてありますが、私にとっては、「生と向き合う」といったほうが適当なのではと思いました。生き物の命を大切にすること。責任をもって最後までお世話をすること。そして、家族になってあげること。
    ペットを飼う上での基本的な心がけを思い出させるようなそんな絵本です。子供がもうちょっと大きくなったら、しっかりと読み聞かせをしたいなと思っています。

    投稿日:2009/04/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「げんきでね」のみんなの声を見る

「げんきでね」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【えほんdeみらい】高原かずきさん 永井みさえさん インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット