宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

はらぺこあおむし」 空色のかわうそさんの声

はらぺこあおむし 作・絵:エリック・カール
訳:もり ひさし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1976年05月
ISBN:9784033280103
評価スコア 4.8
評価ランキング 268
みんなの声 総数 774
  • この絵本のレビューを書く
  • 一緒に歌える楽しさ

    出産祝いにいただき
    2ヶ月ごろから歌いながら読んでいました。
    ベッドに寝かせて本を開けない時など、
    歌うと静かに聞いていました。

    最後のシーンでいつも本を広げてひらひらと
    蝶を飛ばせていたら、本を開いていなくても、
    そのシーンがくると上を向きます。
    歌だけの時も、息子には絵本の世界が焼き付いて
    いるのだと思います。
    エリックカールさんの絵ってなんて素敵なんでしょうね。


    1歳6カ月、言葉にならない部分もありますが
    一緒に歌ってくれます。
    自分で歌って聞かせてくれる日が楽しみです。

    投稿日:2011/10/19

    参考になりました
    感謝
    3

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「はらぺこあおむし」のみんなの声を見る

「はらぺこあおむし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / からすのパンやさん / だるまさんが / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


大人気シリーズ第二弾「家族がいるって、どんなかんじかな」

全ページためしよみ
年齢別絵本セット