貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

はらぺこあおむし」 うなうなうあさんの声

はらぺこあおむし 作・絵:エリック・カール
訳:もり ひさし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1976年05月
ISBN:9784033280103
評価スコア 4.8
評価ランキング 258
みんなの声 総数 772
  • この絵本のレビューを書く
  • 何回読んでもおもしろい

    初めて買った本ですが、三歳になった今でも大好きです。絵に対しての感想が大きくなるにつれて違ってくるのがおもしろいです。さなぎをずっとうんちと呼んでいたのが、いつのまにか虫さんのおうちに変わっていましたし。小さなあおむしを作って、ご飯を食べさせるのもとっても気に入っていmす。紙をみどりに塗って長細くクシュクシュにするとあおむしみたく見えますので、一度作ってご飯の中を通してあげてみてはいかがですが?喜びますよ。絵もきれいですので親も読んでいて癒されますよね。。。家にあると一冊あるといい本だと思います。青虫のまねをして床をくねくねして、りんごやいちごを食べるまねをしてもおもしろいですよ。なかなか体力を使います(親が)

    掲載日:2006/11/12

    参考になりました
    感謝
    4

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「はらぺこあおむし」のみんなの声を見る

「はらぺこあおむし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / からすのパンやさん / だるまさんが / いないいないばあ / ねないこ だれだ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / たぶん ほんと マッシュノートのおしゃれ絵本 / もぐらとずぼん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界197の国と11の地域を紹介!開いて楽しいイラスト地図

全ページためしよみ
年齢別絵本セット