宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

うれしいうれしいクリスマス」 鉄人の母さんの声

うれしいうれしいクリスマス 作:長野 博一
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\952+税
発行日:1988年11月
ISBN:9784338073059
評価スコア 3.67
評価ランキング 33,747
みんなの声 総数 2
「うれしいうれしいクリスマス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • イラストが可愛くてほっこりします

    くまさんの兄弟はサンタクロースのクリスマスプレゼントを楽しみに待っています。
    そこへサンタの子ども(ここではくまの子ども)がいて、サンタの家へついていってしまいました。くまのサンタは全てが白い世界でした。しろくまだからかな?とも思えますが、家具から家から全て真っ白になってて面白いです。
    息子も人間の世界のサンタもそうなの?と聞いてきますが、見たことがないから知らないとしらを切りました。

    くまの世界ではしろくまがサンタさんなのかもね〜とニヤニヤして話しました。
    くまのサンタさんの家にはプレゼントが沢山あるページがありました。
    息子も自分のプレゼントもそうなってのかとドキドキして見ています。
    この時期だけはお利口にしている姿を見ていると、本当に微笑ましくていつかは懐かしく思えるのだろうと思います。

    投稿日:2017/12/16

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「うれしいうれしいクリスマス」のみんなの声を見る

「うれしいうれしいクリスマス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット