宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぼくのかえりみち」 アダム&デヴさんの声

ぼくのかえりみち 作・絵:ひがし ちから
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年10月
ISBN:9784776403173
評価スコア 4.83
評価ランキング 128
みんなの声 総数 98
  • この絵本のレビューを書く
  • 平均台は、長いだけじゃなく高かった!

     主人公の小学生のそらくん。
     学校の帰り道の曲がり角の車道と歩道をの境界の白いラインに目がいって、その上を歩いて帰ることに決めました。
     線の上だけというのは、長〜〜〜〜〜い平均台のようで、バランスをとるのが難しい。
     とんぼやザリガニの誘惑にも負けず、ただひたすら家を目指します。
     
     横断歩道のゼブラゾーンの白だけをまたいで渡るシーン。
     右のページをみてビックリ。
     そらくんの平均台は、長いだけじゃなく高かった!
     息子はここで「ぎょぉ〜〜〜。』と絶叫。
     そらくんのイマジネーションの世界、すごいな〜。
     これは一つのアドベンチャーですね。
     
     家までもう少しのところで、無い。
     白い線。
     動けないそらくん。
     
     どうするんだろうと思ったら、とっても素敵なエンディングでした。

     トウモロコシ畑、田んぼのある風景に思わず、深呼吸がしたくなりました。
     なんといっても、(そらくんも同じ字かな?)空の色があったかくて、清々しくて、明るいお話にしていると思いました。
     『えんふねにのって』も、この作品も、子どもの限りない想像力を
    表現した素晴らしい絵本だと思います。

    投稿日:2009/10/02

    参考になりました
    感謝
    4

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぼくのかえりみち」のみんなの声を見る

「ぼくのかえりみち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

LIFE(ライフ) / 森のおくから むかし、カナダであった ほんとうのはなし / バムとケロのさむいあさ / めっきらもっきらどおんどん / オニじゃないよ おにぎりだよ / 雨、あめ / くっついた / ビロードのうさぎ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット