なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
まことあつさん 30代・ママ

本を読む醍醐味
なぞなぞ遊びが好きな息子たち。 しか…

ちいさいねずみ」 ガーリャさんの声

ちいさいねずみ 作・絵:さとう わきこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1980年
ISBN:9784033301105
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,630
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く
  • ちいさいねずみの壮大な夢

    秋の夜、窓から満月を見上げて、空を飛ぶ夢に思いをはせていた娘に、「ぴったりのお話見つけた!」と、今夜の1冊に選んだ絵本です。
    ちいさいねずみが月を見ながら言います。「お月さん、あんたは、チーズでしょ。」 もう最初のセリフから、娘はくすくす笑って、わくわくした表情で、お月様とねずみを見つめています。「お月さんは、ちんがり わらっていた」 娘は、「ちんがり」の表現が可笑しくて、またけたけた笑いました。
    ちいさいねずみの、壮大な夢。子どもの純粋な夢をそのまま絵に描いたような、かわいらしい物語なのに、本当に宇宙を駆け巡るようなスケールの大きさを感じます。さすがは、「ばばばあちゃん」や「せんたくかあちゃん」のさとうわきこさんですね!!
    娘にも、「はしごを架けたらお月様に届くかなあ?」と聞いてみると、「お空を飛べば、届くんじゃない? でも、どうやって、お月様の中に入ればいいの?」と、素直な子どもらしい疑問が返ってきました。そして、最後に、ちいさいねずみが家族そろってお月様を見上げる場面で、突然、「マドレーヌみたい!」と叫んだ娘。・・・「だってマドレーヌも、12人いっしょでしょ? 犬も12匹いるし。」 そうだね!
    このお話を読んでから、ますますお月様が身近な存在になったようで、今日も、夕方に、庭の花の水遣りをしながら、「お月様は、あのお山にいるのかなあ? Jも行ってみたいなあ、あのお山。でも、今はまだ夕方だから、お月様はいないかな?」と、すっかりお話の世界に入り込んで、ちいさいねずみと同じ気持ちになっている様子でした。

    投稿日:2008/11/02

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ちいさいねずみ」のみんなの声を見る

「ちいさいねずみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



とっておきの場所をとられちゃったククー、さあどうする…?!

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット