宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ウサギとタマネギ いつものさんぽみち 」 シナモンだいすきさんの声

ウサギとタマネギ いつものさんぽみち 作:まめこ
出版社:ゴマブックス
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年11月04日
ISBN:9784777111404
評価スコア 4
評価ランキング 24,719
みんなの声 総数 1
「ウサギとタマネギ いつものさんぽみち 」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  •  子育て中のお母さんにお薦めしたいです。「ウサギとタマネギ」の第二弾。うさぎの男の子「ぼく」がある日突然タマゴからかえったひよこ?”たまちゃん”を育てるお話。”たまちゃん”を育てるうさぎは、本当にかわいらしく、一生懸命。第2話では ーたまちゃんがうちへ来たばかりの頃ー ごはんをあげてもおしめをかえても泣き止まない”たまちゃん”を抱いているとカタツムリのお母さんが声をかけます。カタツムリのお母さんが教えてくれたのは 自分が笑うこと。ぼくが笑えば”たまちゃん”も笑う・・・子育てに必死になってしまっていると つい忘れてしまいそうになることをたくさん教えてくれる1冊です。

    投稿日:2008/11/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ウサギとタマネギ いつものさんぽみち 」のみんなの声を見る

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



そらから「ぼふ〜ん」と落ちてきたのは巨大なホットケーキ!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット