がんばれ ちびゴジラ がんばれ ちびゴジラ がんばれ ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ぼくは、つよくておおきい、ちびゴジラ。

丸がりフランツずるするな!」 さみはさみさんの声

丸がりフランツずるするな! 作:クリスティーネ・ネストリンガー
絵:ゆーち みえこ
訳:平野 卿子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\854+税
発行日:1989年12月
ISBN:9784034311202
評価スコア 4
評価ランキング 23,240
みんなの声 総数 2
「丸がりフランツずるするな!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 背伸びしたいお年頃

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子2歳、

    6歳の長男が自分で読めそうな本を探していて、自分で読んでみました。シリーズ第1巻の『フランツまいごになる』があまりにおもしろかったので、そのまま第2巻も読みました。

    長男と同じ6歳の男の子のお話で、小学生になる前の背伸びしたい年頃の子供の気持ちがとてもよく描かれています。

    第1章の「フランツは、字がよめる?」は、字が読めないのに仲良しの女の子ガビに見栄をはるために、必死に絵本を暗記する話です。とても微笑ましいです。日本語はひらがなを覚えさえすれば、そのまま文章が読めるので、大抵の子が小学校に上がる前に本が読めるようになっていますが、ドイツ語の学習はまた違うのかもしれませんね。

    第2章の「フランツ、老人ホームへひっこす?」は、お母さんにひどく叱られたフランツが老人ホームに住んでいるおばあちゃんのところへ家出をする話です。このおばあちゃんはお父さんのお母さんで、フランツのお母さんとはあまり折り合いがよくないようです。これは世界中で起こることなんですね。そういうところも丁寧に描かれていて、リアリティがあります。ようやく老人ホームに辿り着いたのにおばあちゃんは留守で、ベランダから入ろうとするあたりはドキドキしてどんどん読み進んでしまいました。

    絶版のようですが、とてもお勧めです。息子にも勧めます。

    投稿日:2014/12/03

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「丸がりフランツずるするな!」のみんなの声を見る

「丸がりフランツずるするな!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット