宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ムーミンのともだち」 ピーホーさんの声

ムーミンのともだち 原案:トーベ・ヤンソン
文:松田 素子
絵:スタジオ・メルファン(我妻康美)
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2008年08月
ISBN:9784062148832
評価スコア 4.45
評価ランキング 9,118
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く
  • 素敵な友達

    • ピーホーさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    スナフキンは、旅立つ前にムーミンに歌をおくります。
    ♪ぼくのともだち すてきなともだち いつも
    一緒じゃないけれど、会わない時があるけれど、そんな時こそ思い出す 遠い時こそ近くなる ひとりでいるからわかるんだ♪
    そして、ムーミンはスナフキンの戻ってくる春を思い浮かべて、冬眠します。

    たんぽぽもさなぎもチューリップの球根も、じっと冬を過ごし春を待ちます。
    冬が来るから春が来て、ステキな姿に成長するのです。
    冬の別れがあるからこそ、ムーミンとスナフキンの絆は強く強くなるのでしょうか。。
    2人のとっても素敵な関係に心あたたかくなりました。

    投稿日:2019/09/28

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ムーミンのともだち」のみんなの声を見る

「ムーミンのともだち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット