わたしたちのえほん わたしたちのえほん わたしたちのえほんの試し読みができます!
文: 南谷 佳世 絵: 大畑 いくの  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
交錯する二つの物語。あなたにとっての「わたしたちのえほん」はなんですか?

さるのオズワルド」 妖精ブッキーさんの声

さるのオズワルド 作:エゴン・マチーセン
訳:松岡 享子
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1998年3月
ISBN:9784772101462
評価スコア 4.19
評価ランキング 20,821
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く
  • おっとまちがえ!にオオウケ

    楽しいノリの中にも、子供のこころを打つ内容が含まれてました。

    ページをめくるごとに登場する「おっとまちがえ」という言葉に、
    息子は笑ってみていました。
    いばりやの猿と主人公の猿のからみは、わかりやすい中にも
    とても子供に教える事柄の多い内容で、保育園に通っていて、
    さまざまな人間関係の中で試行錯誤してすごしている息子には、
    とてもよい内容だったと思います。

    絵もとてもかわいいので、とっつきやすくて、とてもよい絵本です。

    投稿日:2009/12/16

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「さるのオズワルド」のみんなの声を見る

「さるのオズワルド」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / れんけつガッチャン / アイウエ動物園 1 モコモコちゃん家出する / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.19)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット