新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ

地下鉄のできるまで」 mokumoさんの声

地下鉄のできるまで 作・絵:加古 里子
出版社:福音館書店
税込価格:\1,430
発行日:1987年10月
ISBN:9784834003512
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,892
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く
  • 知ることの楽しさを

    地下鉄のできるまでが、緻密な絵と丁寧な文章で見ることができます。
    絵も文も、事実に沿ってじっくりと作られているのを感じます。
    例えば絵では、道路はパカーっと切られ、地下鉄の仕組みが断面図で楽しめます。
    文章も、地下鉄工事の大まかな説明と、一つ一つの作業に対する細かな解説がついています。

    電車大好き!な4歳の息子と読みました。
    母は、この手の機械的なものはなかなか頭に入ってこないのと、息子もまだ4歳だから難しい事は分からなくて飽きてしまうだろうと、大きな説明文のみ読んでいました。

    ですが、父親が読んであげている姿を見て、考えが変わりました。

    細かい解説も、絵を見ながら息子と一緒に読んでいました。
    息子も、飽きることなく聞いて絵を凝視していて、読むというより二人で絵本をじっくり味わうように楽しんでいました。
    何が入っていくのかわからない。まずはとにかく読んでみようという気にさせられた本です。
    息子も、何度か読むうちに、いくつかの専門用語を覚え嬉しそうでした。

    そんな姿を見ていたら、ふと、作者の加古さんのこんな言葉を思い出しました。
    「少なくとも20年後まで役立つ内容ではないと、子どもさんのためにならない」

    加古さんの心のこもったお仕事に、発刊から30年後の子どもも、知識を得ていくことの楽しさをきっと昔と変わらず受け取ることができています。

    投稿日:2018/05/08

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「地下鉄のできるまで」のみんなの声を見る

「地下鉄のできるまで」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / いないいないばあ / みけねこキャラコ / うし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どーこかな?
    どーこかな?
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    お顔の中のあてっこ遊び おめめは どーこ? ここよ ここよ ぱちくるりん 親子の触れ合いを楽しむあか


「はじめての」シリーズ累計発行100万部突破記念 てづかあけみさんインタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット