いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
「泣きやんだ!」「喜んでる!」 ママパパも大喜び! シリーズ累計185万部の大人気ロングセラー赤ちゃん絵本

雨ふる本屋」 多夢さんの声

雨ふる本屋 作:日向 理恵子
絵:吉田 尚令
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年11月
ISBN:9784494019427
評価スコア 4.3
評価ランキング 15,579
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く
  • 大人も楽しめるファンタジー

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子10歳

    久しぶりに、私自身がワクワクドキドキして読みました。

    激しく降る雨の中、ルウ子が駆け込んだのは市立図書館でした。
    そこで、カタツムリを追いかけて着いた先が、雨ふる本屋。
    一歩踏み入ると、そこは先が読めない不思議な世界でした。

    その不思議な古本屋には、これまた不思議な住人がいました。
    フルホンさんと呼ばれている気難しい大きな喋る鳥や、
    妖精使いという舞々子さんに、シオリとセビョーシというふたりの妖精など、
    個性的というか一癖もふた癖もある登場人物に、
    〈雨ふる本〉のつくり方ってなに?
    鳥の男の子ってなにもの?
    ほっぽり森ってどんなとこ?
    とにかく、奇想天外な展開が次から次へとやってきて、
    あれよあれよって感じで不思議な世界へ引き込まれていきました。
    ルウ子が体験する不思議な冒険は、
    息もつかせぬ展開で、どうなるんだろうとハラハラしました。

    現実にもどるころには、ちょっと成長したルウ子がいました。

    「面白いよ。」と、娘にすすめられて読み始めた私ですが、
    ほんと、面白かった。こういうお話は大好きです。
    大人の私でも、読み応えがありましたが、
    ちょうど娘と同じ小学校中学年からなら楽しんで読めると思います。

    投稿日:2011/03/29

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「雨ふる本屋」のみんなの声を見る

「雨ふる本屋」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / いないいないばあ / ねないこ だれだ / エルマーのぼうけん / 落語絵本9 そばせい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット