もったいないばあさん かわを ゆく もったいないばあさん かわを ゆく
作・絵: 真珠 まりこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
川を舞台に、水の循環、命のつながりをテーマにした絵本です。

あらしのよるに」 ぽこさんママさんの声

あらしのよるに 作:きむら ゆういち
絵:あべ 弘士
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2000年06月
ISBN:9784062102933
評価スコア 4.82
評価ランキング 174
みんなの声 総数 138
  • この絵本のレビューを書く
  • あらしの夜はドキドキ

    あらしのよるや、吊り橋の上など、怖い場所ではドキドキして
    そのドキドキが一緒にいる人への気持ちへとすりかわってしまう
    ことがある・・ときいたことがあります。
    オオカミとヤギもお互いそんな気持ちだったのでしょうか。

    あまりにも有名なこのシリーズ・・待って待って、そろそろ娘にも
    いいかな?と思い、まず1冊だけ読んでみました(私もまだ
    あえてこのシリーズは読んでおらず、内容ははっきりとは知らない
    のです)。
    有名なのでなんとなく先はわかっておるものの(そこここから
    漏れ伝わってきますものね)、うーん、先が知りたいなあ。
    先が知りたいけど、悩み中です。

    というのも、もういいかな?と思って読んでみたけれど、娘の
    気持ちはそれほど惹き付けられていないように思ったからです。
    せっかくだから、ほんとにきちんと受け止められる時に読んで
    あげたいなあ。
    お互いがお互いを勘違いしているってこともちょっと説明を
    してあげなければわからなかったみたいだし。。
    「あいことば」もわからなかったくらいですからねえ。
    こちらも説明してあげましたが、これがなかなか難しくて(笑)。
    小学生くらいになってから全巻どんっと用意して読もうかな?
    オオカミやヤギのこの絵は、あべ弘士さんはどんな風にして
    描いているのでしょう?黒い紙にペンを使い分けて描いて
    いるのかしら?不思議な雰囲気でとっても気になりました。

    投稿日:2012/06/23

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「あらしのよるに」のみんなの声を見る

「あらしのよるに」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / いないいないばあ / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / くだもの / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おべんとうブック
    おべんとうブック
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★はじめてのシールあそびに!★       おべんとう作りのおままごと感覚で遊べるシールえほん


子どもが喜ぶ「うんち」がいっぱい!世界20ヵ国以上で翻訳の絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット