貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

けんかのきもち」 そうゆうママンさんの声

けんかのきもち 作:柴田 愛子
絵:伊藤 秀男
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年12月
ISBN:9784591070444
評価スコア 4.73
評価ランキング 945
みんなの声 総数 83
  • この絵本のレビューを書く
  • 男の子のママで良かった。

    男兄弟のママとして気になっていた1冊。

    『けんかのきもち』
    私は最初、悲しい気持ちとかそういうものだと
    思っていましたが読んでみて意外。
    そして、友だちとけんかになって泣いているタイ君。
    いつまでもグズグズと泣き止まない愛する我が息子君が
    重なって見えました。
    そっかぁ・・・。
    お友だちがあやまってくれても、まだ『けんかのきもち』って事なのかぁ〜!
    と、新たな発見♪
    最後まで読み終えると、
    男の子のママで良かったあぁと、
    ほんわか幸せな気持ちになりました。

    いつもパパからは「ケンカするなら素手でしろ」
    「負けても良いから逃げるな」との教育を受けている息子君。
    まだ年少さんでその機会はないようです。
    正直女の私には経験の無いタイプの喧嘩ですが
    家の可愛い息子君達も、
    いつか傷を作って帰ってきたりするんだろうなっと
    不安でもあり少し楽しみでもあります。

    成長と共に読み聞かせをしていく事で
    受け止め方が変化していくであろう
    長く付き合えそうな素敵な1冊です。

    掲載日:2009/11/18

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「けんかのきもち」のみんなの声を見る

「けんかのきもち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / どうぞのいす / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / パンダ銭湯 / 給食番長

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



寝かしつけの定番シリーズ、お子さまの感想も募集します!

みんなの声(83人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット