新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ

けんかのきもち」 読み聞かせパパさんの声

けんかのきもち 作:柴田 愛子
絵:伊藤 秀男
出版社:ポプラ社
税込価格:\1,320
発行日:2001年12月
ISBN:9784591070444
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,946
みんなの声 総数 87
  • この絵本のレビューを書く
  • ガツン!とくるたいの意地

    • 読み聞かせパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 群馬県
    • 女の子13歳、男の子11歳、女の子8歳、男の子5歳

    小2のころの 長男に読み聞かせ、「ケンカのとき こういう気持ち?」と聞くと、「うん」とうなずいていました。
    私は、幼い日の 負けたケンカを 思い出しました。
    上に乗られた友だちに、「もう、(終わりで)いいだろ」と言われたときの屈服感。
    遠い記憶の中にあったものが よみがえりました。
    一対一で 他には誰もいなかったから、涙も出ませんでした。
    たいは みんなの見ている前での完敗。
    感じた屈服感は、ものすごく大きかったに ちがいありません。
    「ごめんな!」と言われて 気が晴れるものではない。
    新たにわきあがる、別の種類のくやしさ。
    「おいしい!」「はらいっぱい!」と生理的に満たされ、くやしさが一時退散。
    でも、決してなくならない くやしい気持ち。
    最後のページいっぱいにえがかれる、たいの意地。
    伊藤さんの絵が ガツン!ときます。

    たいのくやしさは、「大人の男になるための栄養だな」と思いました。

    投稿日:2011/05/08

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「けんかのきもち」のみんなの声を見る

「けんかのきもち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

みんなの声(87人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット