アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ティモシーとサラのとりかえっこ」 ルートビアさんの声

ティモシーとサラのとりかえっこ 作・絵:芭蕉みどり
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2000年10月
ISBN:9784591065877
評価スコア 4.38
評価ランキング 11,119
みんなの声 総数 12
「ティモシーとサラのとりかえっこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • いたずらたっぷり

    このお話は、だいたい3.4歳を越える頃に読まれることをおすすめします。

    このお話、双子のティモシーとサラが、そっくりなのをいいことに、とりかえっこをするお話なのですが、
    おそらく絵で見たことと、実際は違っている、という設定を認識できるのは、おそらく3・4歳ぐらいだと思います。
    小さいお子さんだと、見たまま、ティモシーになったサラをティモシー、サラになったティモシーをサラだと思い込むでしょうから。

    さて、このとりかえっこ。
    私も昔「自分が双子だったら、こんな遊びがしてみたい!」と想像しました。
    だから、その頃の気持ちにもどってどきどきわくわく。
    これだからいいのよね。絵本って。

    ティモシーとサラは、とりかえっこを楽しみます。
    みんなだまされちゃう。おとなりの仲良しのスーザンだって。
    でもね…だまされない人もちゃあんといるんです。

    だまされなかったお父さんとお母さんですが、最後のところは、ティモシーとサラにいっぱい食わされます。

    息子はとりわけ、このいたずらがたくさん出てくる絵本が、シリーズでも好きになったようでした。

    投稿日:2006/10/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ティモシーとサラのとりかえっこ」のみんなの声を見る

「ティモシーとサラのとりかえっこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおつかい / どうぞのいす / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット