宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おはよう」 さくらんぼ♪さんの声

おはよう 作・絵:さかいようすけ
出版社:いろは出版
本体価格:\1,143+税
発行日:2004年04月
ISBN:9784902097023
評価スコア 3.67
評価ランキング 33,360
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • 幸せ

    日常の何気ない言葉で、世界が幸せになることを教えてくれるお話です。

    見開きの3分の1程度にしか、絵が描かれていませんが、その空間の取り方に心の広さや優しさを感じる事が出来ました。
    巡り巡って幸せな気持ちになれるって素敵な事だなぁと思いました。

    子ども向けというよりも、どちらかと言ったら大人が読んでも、色々と感じることの出来る絵本だと思いました。

    子どもだけでなく、是非大人にも読んで欲しいオススメの一冊です☆

    掲載日:2009/02/20

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おはよう」のみんなの声を見る

「おはよう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「ろっぺいブックス はじめてのえほん」刊行記念インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット