新刊
バムとケロのカレンダー2023

バムとケロのカレンダー2023(文溪堂)

2023年も毎日バムとケロと一緒!

ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

かいけつゾロリ(16) かいけつゾロリとなぞのひこうき」 渡”邉恵’里’さんの声

かいけつゾロリ(16) かいけつゾロリとなぞのひこうき 作・絵:原 ゆたか
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
税込価格:\990
発行日:1994年11月
ISBN:9784591046234
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,665
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く
  • 悪役の悲哀と美学を感じる

    ラジコン飛行機を盗んだゾロリ一家は、逃亡中にお金持ちのお嬢様の乗る旅客機に潜入。無事脱出したが、飛行中に墜落し、雪山で遭難しかける話。

    1994年刊行。昭和生まれの私は、1985年の航空機事故を連想した。当時、子どもだったのでテレビのニュースで盛んに騒いでいる印象と、少し時間が経ってからテレビタレントのお話や随筆などで「あの便に乗る予定だった」という話を知り、印象に残っている。
    飛行機の墜落事故の後、生き残った人が墜落現場(山間部)から自力で脱出するドキュメント番組なども見た。現場は冬山で、積雪があり、山は絶壁で生還したのが奇跡のようだった。

    そんな過酷な話には絶対にならないゾロリシリーズだから、安心してのんびり読める。
    ゾロリのお父さんの話も出てきて、なかなか感動する場面もあり。この場面は、天空の城ラピュタを思い出させる。

    作者が多方面にアンテナを張り、いろんなアイデアを出し、楽しい作品を作っていくのが尊い。

    いろんな知恵を絞って、困難な状況を切り抜けていくゾロリたちだが、最後は「ラジコン飛行機を盗んだ」けしからん連中として報道されている。ああ、悪役の辛いところ。
    普段の行いの積み重ねで、素晴らしい行いが消し飛んでしまったが、そんなことは一向に気にしない。さすが大物、ロングセラー。悪役の美学を感じる。

    投稿日:2022/09/15

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「かいけつゾロリ(16) かいけつゾロリとなぞのひこうき」のみんなの声を見る

「かいけつゾロリ(16) かいけつゾロリとなぞのひこうき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / どうぞのいす / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / かいけつゾロリ(59) かいけつゾロリのおいしい金メダル / かいけつゾロリ(60) かいけつゾロリの王子さまになるほうほう

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2023年まずは読みたいこの絵本・児童書16選 レビューコンテスト!

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット