アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ペネロペ ルーヴルびじゅつかんにいく」 マメたんままさんの声

ペネロペ ルーヴルびじゅつかんにいく 文:アン・グットマン
絵:ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳:ひがし かずこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:2009年02月
ISBN:9784265058884
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,779
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く
  • 家族で楽しく読んでます

    ペネロペが大好きな娘に購入。
    うちでは「ペネロペのクリスマス」に続いて2冊めの大型しかけ絵本です。
    「ルーヴル美術館」なんて難しい題材!と思ったのですが、
    とっても楽しい絵本です!!

    おじいちゃんにルーヴル美術館に連れて行ってもらったペネロペ。
    いたずらっこのペネロペは、ニケの頭になっちゃったり、
    スフィンクスに乗ろうとして落ちちゃったり、
    書記座像にペンを貸したり、とあいかわらずのいたずらぶりです。

    本は大型で厚みがあり、重いので、娘は重そうに持って歩いていますが、そのぶん丈夫なので多少乱暴に扱っても大丈夫です。

    ピエロそっくりのコート(かぶりもの?)姿のペネロペや
    ミイラになっちゃうペネロペもユーモアたっぷりで
    パパと思わず笑ってしまいました。

    娘もさっそくモナリザがお気に入りになった様子。
    しかけ絵本で遊んでるうちに芸術が身近になるなんてすごい
    フランス生まれのペネロペならではの
    ママも勉強になる1冊です。

    投稿日:2009/02/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ペネロペ ルーヴルびじゅつかんにいく」のみんなの声を見る

「ペネロペ ルーヴルびじゅつかんにいく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / きのうえのほいくえん / ぱらぴたぽん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット