話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ

偕成社文庫 びりっかすの神さま」 宙母さんの声

偕成社文庫 びりっかすの神さま 作・絵:岡田 淳
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\770
発行日:2006年04月
ISBN:9784035509608
評価スコア 4.78
評価ランキング 556
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く
  • 母子とも、岡田淳先生大好き。

    • 宙母さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮崎県

    「二分間の冒険」などよりも文字が大きく、文字数も少ないので、低学年の子どもからでも読めると思います。
    母子ともに、岡田淳先生の書かれているものは、ずいぶん読みました。
    大好きです。
    そのなかで、びりっかすの神様は、5本の指に入るよねーと良く話します。
    ふわふわなんか見えて、えっ、びりっかすの神様?
    それが、くたびれたおっさんって。。。
    ここがいいです。くすっと笑ってしまいます。
    岡田先生っぽいです。引き込まれます。
    担任の先生が、厳しくていやな感じなんです。
    その先生が困っていくのが、ちょっとうれしい。
    (現実ではそうはいかないので)
    できる子とできない子が逆転?して、クラスがひとつにまとまっていき。
    いったい、びりっかすの神様って、なんなの?

    あっという間に読めて、とても楽しく、ちょっとさびしい。

    ほんとに、びりっかすの神様っていたらいいですね。

    投稿日:2013/06/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「偕成社文庫 びりっかすの神さま」のみんなの声を見る

「偕成社文庫 びりっかすの神さま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ちょっとだけ / おでかけのまえに / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 3
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット