話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

空気がなくなる日」 たかくんママさんの声

空気がなくなる日 作:岩倉政治
絵:二俣 英五郎
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
税込価格:\1,100
発行日:1982年08月
ISBN:9784591005514
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,437
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く
  • 展開がおもしろい

    最初はどういう内容なのか想像もつかず、たまたま手にとった本でした。
    これは、作者の小さい頃の思い出をお話にしたものだそうです。
    7月28日に地球上から空気がなくなってしまうのだといううわさが流れる。しかも、空気がなくなるのはたったの5分間だけ。
    そんなことがあるわけないと最初は思うんだけど、いつの間にか、うわさがうわさを呼び、真実味を帯びて誇張され、みんなが信じていく。
    「○月○日に地球が滅亡する」その手の話はいつの時代にもあるんだな、と。
    このお話も、空気がなくなる5分を生きぬくためにみんなが一生懸命息をとめる練習をしたり、校長先生が持論を展開したり、その様子が真剣であればあるほど、こっけいでなかなか楽しいです。
    そして、時代が時代なので、みんな貧乏。空気がなくなるからって何かを準備することも出来ない。
    それならみんなで死のうなんていう潔さもあり、そんなあっさりと決断してしまうところもおもしろい。
    最後は結局どうなったか?結論はわかりますよね。何も起こらず、めでたし、めでたしです。
    絵本としては文章はかなり多め。でも、「ほんとに空気がなくなったらどうするの?」そんなことを考えながら想像しながら聞く楽しさがいっぱいです。文章の長さはあまり気にならないんじゃないかな。

    投稿日:2010/03/04

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「空気がなくなる日」のみんなの声を見る

「空気がなくなる日」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / はじめてのおつかい / こんとあき / がたん ごとん がたん ごとん / からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


5月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット