新刊
まんぷくよこちょう

まんぷくよこちょう(文溪堂)

おいしい食べ物、おしゃべり、ふくびき、商店街の魅力満載!

  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

講談社青い鳥文庫 獣の奏者(1)」 えみりん12さんの声

講談社青い鳥文庫 獣の奏者(1) 作:上橋 菜穂子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\580+税
発行日:2008年11月
ISBN:9784062850568
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,853
みんなの声 総数 3
「講談社青い鳥文庫 獣の奏者(1)」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 泣けます!

    不思議な生物、闘蛇を操る職人の母、そして10歳の娘。上に立つもののせいで、母が殺されるが、なんとか娘のエリンは逃げ出し、ジョウンというおじさんに拾われる。けなげなエリンが泣けます。

    全体に、賢く、けなげなエリンに親も子も学ぶところが多いと思います。母ソヨンが死ぬときに、読んでいる私も泣けてしまいました。主役になっている娘さんが10歳なので小学生中学年くらいから読めると思います。

    でも名前がとても韓国っぽい。この作家さん、韓国出身なんでしょうか?エリンという女性の名前が韓国だとあるし、ソヨンとかドヨンとかもあるし、ジョウンは私は聞いたことないけどジョンウンという韓国女性の名前ありますしね。韓流ドラマ見た後はとても覚えやすい名前でした。

    投稿日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「講談社青い鳥文庫 獣の奏者(1)」のみんなの声を見る

「講談社青い鳥文庫 獣の奏者(1)」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

バムとケロのさむいあさ / バムとケロのそらのたび / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


『みそしるをつくる』『おにぎりをつくる』インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット