新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

ふたりはともだち(洋書版)」 ガーリャさんの声

ふたりはともだち(洋書版) 作・絵:アーノルド・ローベル
出版社:HarperCollins Publishers
税込価格:\2,816
ISBN:9780060239572
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,534
みんなの声 総数 6
「ふたりはともだち(洋書版)」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 初めて読む児童書にぴったり

    初めて読んだのは、日本語版の「ふたりはともだち」のほう。まだ娘が3歳の頃でした。今日、娘が宿題で持ち帰ってきて、改めて読んだ原書は、日本語版とはまた違った感動がありました。娘が大きくなって、より一層物語を楽しめるようになったから、ということもあると思いますが、初めからすらすらとリズミカルに読めてしまうほど、本当に読みやすい英語で書かれていて、あっという間に最後まで読めてしまいます。この本が、英語で読んだ初めての「児童書」でしたが、娘に読む楽しさを教えてくれた1冊でした。

    どれも楽しいお話ばかりですが、“Spring”では、Frogがカレンダーを5月までめくって、無理矢理Toadを起こしてしまうところや、“The Story”では、Frogに聞かせてあげるお話を思いつかないToadが、逆立ちしたり、壁にごんごんと頭をぶつけたりする場面が、特に娘のお気に入り。
    “A Swim”で、水着姿をみんなに笑われちゃうToadも気の毒だけれど、やっぱり可笑しくて、いっしょに笑ってしまいます。

    最後の“The letter”には、じーんときちゃいますね。ふたりは、本当に仲のいいともだちなんだなあ、って。娘も、Frogが書いた手紙に感動しながら、カタツムリさんが届けてくれるのを、幸せいっぱいの顔で待っていました。宿題の感想文(絵+感想)にもこの場面を選んだ娘。とってもうれしそうに笑っているふたりの絵でしたよ!

    投稿日:2009/04/22

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ふたりはともだち(洋書版)」のみんなの声を見る

「ふたりはともだち(洋書版)」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おおきなかぶ ロシアの昔話 / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット