貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

いまなんじ」 ガーリャさんの声

いまなんじ 作:山下 明生
絵:むらかみ つとむ
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1979年12月
ISBN:9784251001511
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,804
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く
  • 1日の流れの中で

    時計の読み方を学習したいのなら、やっぱり「とけいのほん」の右に出るものはないだろうな、と思うのですが、この絵本は、村上勉さんの絵がとにかく素晴らしく、小さな子でも、絵を見ているだけで楽しめそうです。4歳の娘は、「とけいのほん1」の知識を習得したばかりなので、「とけいのほん2」で分の読み方を学習してから、この本を手渡そうかどうしようかと迷っていたのですが、この絵本は、時計の読み方を正確に覚えるためのものではなく、1日の流れの中で、時間の概念をなんとなくつかむことに重点を置いているのではないかな?と思えたので、、こちらの本を先に読むことにしました。
    娘は、最初に書かれたかえるくんたちの名前だけで、もう喜んでいました!どの子が、誰なのか、「14ひき」シリーズを読むときのように、顔と名前を合わせながら楽しんでいました。
    弟のころたんが、幼稚園についてきてしまったことも、2度読むまでもなくすぐに気づいて、私に教えてくれました。そんな細かい絵も楽しめる本です。

    掲載日:2008/08/05

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「いまなんじ」のみんなの声を見る

「いまなんじ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / からすのパンやさん / どうぞのいす / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『はやくちことばで おでんもおんせん』イベントレポート

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット