まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

はちみついろのうま」 おはなばたけちゃん。さんの声

はちみついろのうま 作:小風 さち
絵:オリガ・ヤクトーヴィチ
出版社:福音館書店
本体価格:\1,500+税
発行日:2001年4月25日
ISBN:9784834017502
評価スコア 4.41
評価ランキング 10,786
みんなの声 総数 16
「はちみついろのうま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 森にはまものが。

    やわらかい色彩のこの表紙にひかれたようで、娘が自分で選んだ絵本です。

    結婚の約束をかわした二人。むすめは許嫁の’かじや’の好きな「きのこスープ」をつくろうとかごを持って出かけます。
    森にはまものがいるから、近づかないようにと家の人に言われるところで、これからの進展を予想して、娘は口をあんぐり開けて心の準備をしました。

    おばあさんの姿をした「まもの」に、馬に姿を変えられたむすめは、なんとか’かじや’のところに行こうと、馬に乗るのに必要な道具の名前をだしては、「まもの」に’かじや’のところに自分を連れて行くように仕向けます。こんなに馬具の名前がでてくる絵本も珍しいですね。

    ’かじや’は、めったに見ないくらい美しい馬だと思いながらも、まさかむすめが馬に姿を変えられたのだとは気がつかず、読み手はすこしやきもきしますが、、娘の強い思いが通じて、ついに気づきます。気づいてからの’かじや’の行動力は力強かったです。

    最後、ようやく再び巡り会えた場面は、喜びの気持ちが伝わってくるような躍動感ある絵です。

    娘もわたしも楽しみました。

    投稿日:2016/12/15

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「はちみついろのうま」のみんなの声を見る

「はちみついろのうま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / おばけのバーバパパ / とんことり / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


『ねぇ、ママ? 僕のお願い!』つんく♂さん 初絵本出版記念インタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット