しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

っぽい」 ジュンイチさんの声

っぽい 作・絵:ピーター・レイノルズ
訳:なかがわ ちひろ
出版社:主婦の友社
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年04月
ISBN:9784072631713
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,500
みんなの声 総数 42
「っぽい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 自分らしくありたいもの

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    ピーター・レイノルズと言えば、アリスン・マギーと組んだママが泣ける本の上位に位置する「ちいさなあなたへ」と、パパが泣ける本の上位に位置する「きみがいま」でつとに知られています。

    原題は、Ish。
    意味は「..らしい ..のような」
    とか 「..がかった ..じみた」
    と言ったところ。
    それを、「っぽい」と邦訳したところに、訳者のセンスを感じます。

    主人公のラモンは、絵を描くのが大好き。
    何時でも何でも何処でも、絵を描きます。
    ところが、ある日おにいちゃんに絵を笑われてしまってからは、絵が描けなくなってしまいます。
    でも、妹のマリソルは、ラモンの絵が大好きで、ラモンがくしゃくしゃに捨てた絵を自分の部屋中に貼っていたのです。
    マリソルは、ラモンの絵に気持ちがあると感じていたのです。
    決して実物に似てはいない、それっぽい絵。
    それは、自分らしく表現することの大切さを、諭してくれていると思います。

    小さい頃は、それこそ自分らしくあるのですが、段々大人になるにつれて、そのらしさが失われていく気がします。
    いつまでも、そのらしさを表現できるようにありたいもの。
    そんな風に、子供を育てたいと改めて認識させられました。
    どちらかと言うと、大人向きの絵本だと思います。

    投稿日:2011/09/07

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「っぽい」のみんなの声を見る

「っぽい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット