アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

っぽい」 ドーナッツさんの声

っぽい 作・絵:ピーター・レイノルズ
訳:なかがわ ちひろ
出版社:主婦の友社
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年04月
ISBN:9784072631713
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,477
みんなの声 総数 42
「っぽい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  •  小さい頃の子どもって、自由に伸び伸びと絵を描いています。
     我が家にも、子どもが、幼稚園生だった頃の作品を飾ってあります。心のままに、楽しさが伝わってきます。我が子は天才かしら、なんて思ってみたり。それが大きくなるにつれて、上手に!ということを意識し始めて、自由に描くことを楽しむのをためらってしまったり。
     この絵本のおしまいっぽいことばに「じぶんのために絵をかくこと、じぶんの声に耳をかたむけることを教えてくれた美術の先生に、この本をささげる。」と記してあります。
     すてきな先生との出会いは、一生の宝物ですよね。
     そして私たちは、この絵本を通して、素敵な先生に出会えました。
     この絵本の主人公ラモンが大好きなお絵描き。ところが、幸せ色の日々が、おにいちゃんの心ない一言で濁った色の日々に変わってしまいます。でもそれを救ってくれたのは、妹。「あたし、このえがすき」「かびんもきもちがするもん」そりゃあ絵が上手なのも素敵なことだとは、思います。でも一番大切のは、自分のまわりの世界のいろんなものを感じながら、「っぽい」絵を楽しく描くこと。訳者のなかがわちひろさんも、あとがきっぽいひとことで言っているように、「こうでなければならない」というということから解放されることなんですね。 
     それって絵を描く時だけでなくて、文章にしてもダンスなどにしても自分の中の何かを表現するするときにも言えることだと思います。
     ピーターレイノルズさんの「てん」「そらのいろって」とあわせて三部作になっているんですね。この2冊もおすすめです。

    投稿日:2013/08/30

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「っぽい」のみんなの声を見る

「っぽい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はなびのひ
    はなびのひの試し読みができます!
    はなびのひ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    江戸の町並みと大輪の花火が夏の風情を感じさせる、たしろちさと初の和風絵本
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長と気づきの物語

全ページためしよみ
年齢別絵本セット