ナージャの5つのがっこう ナージャの5つのがっこう ナージャの5つのがっこうの試し読みができます!
著: キリーロバ・ナージャ 絵: 市原 淳  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
どんな教室だったらたのしいと思う? 読んでみよー、考えてみよー!

ママったらわたしのなまえをしらないの」 ランタナさんの声

ママったらわたしのなまえをしらないの 作:スーザン・ウィリアムズ
絵:アンドリュー・シャケット
訳:石井 睦美
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,260+税
発行日:1996年
ISBN:9784892386350
評価スコア 4
評価ランキング 20,424
みんなの声 総数 11
「ママったらわたしのなまえをしらないの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 可愛いからつい・・・ね!

    • ランタナさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    ママに怒っているのは、ハンナという名前の女の子。
    なぜって、ママはハンナを、名前じゃなく、色んな呼び名で呼ぶからです。

    ずっと名前を読んでもらえず、自分の名前を忘れられちゃったみたいで不安になって、怒っちゃうハンナの気持ちも分かります。
    でも、ママの「だって、ハンナが可愛いからつい・・・」という気持ち、2人の一日を追っていると、よーく伝わってきます。

    寝起きのハンナは「ちっちゃなひよこ」みたいにあどけなく、
    泣くハンナは「かぼちゃ」みたいに頬を紅潮させ、
    食事を待てないハンナは、「ちいさなあくま」みたいに何をしでかすか分からなくて・・・。
    ハンナの表情をよく見ているからこそ、の呼び名なんですよね。
    そして、こんな風に呼びかけることで、
    ママが感情的にならずにハンナと関われることもあるんじゃないかしら。

    ママの呼び名通りに変身?!するハンナは、どの姿もキュート。
    私に時々「子狸」呼ばわりされている息子も、笑いながら楽しく読みました。

    幸せなラストは就寝前の読み聞かせにもぴったり。
    園児位のお子さん、お母さんにおすすめです。

    投稿日:2012/04/03

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ママったらわたしのなまえをしらないの」のみんなの声を見る

「ママったらわたしのなまえをしらないの」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / よるくま / どんどこ ももんちゃん / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(11人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 2
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 3

全ページためしよみ
年齢別絵本セット