虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!

ぼくにげちゃうよ」 てんぐざるさんの声

ぼくにげちゃうよ 作:マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵:クレメント・ハード
訳:岩田 みみ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1976年
ISBN:9784593500260
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,354
みんなの声 総数 93
  • この絵本のレビューを書く
  • テンポよく読んで、絵はしっかり見せる。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    多くの人が知っている名作絵本の1冊ですよね。
    私は、本自体は知っていましたが、ちゃんと読んだのはこれが初めてです。
    ひどい天邪鬼な性格で、あまり「いい、いい」と太鼓判を押される作品って、斜に構えてしまって、素直に読めなくなりそうな気がして、今まで読まずにいました。
    この絵本はたまたま知人にいただいたので、「今が読みどき」かも!と、読んでみました。

    子うさぎと、母うさぎの会話の身で成立している話です。
    母うさぎはすごく子煩悩でいいお母さんに見えますが、
    悪く見ると、子離れできない、愛情の押し売りがひどいお母さんですね〜。
    まだ、子どもたちに読んだことがないので、子どもたちの反応は未知数なのですが、個人的にはわざわざお話会とかで読むより、お母さんとの寝物語に読むほうがあっている気がしました。

    幼児向けの絵本だと思いますが、今の幼児(3歳くらいから56歳)って、あまり一つの話が長いと飽きちゃって、集中力が書ける気がするんですよ。
    この作品は、ゆっくり読み過ぎると「ダラ〜」とした印象を受けるので、
    子どもたちに読んであげるときは、マーガレット・W・ブラウンの素敵な絵はしっかり見せつつも、テンポ良くストーリーを進めていきたい絵本かな。と、思いました。

    投稿日:2010/05/28

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぼくにげちゃうよ」のみんなの声を見る

「ぼくにげちゃうよ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


なかやみわさん×絵本ナビ代表・金柿秀幸 対談インタビュー

みんなの声(93人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット