ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。

紙芝居 ぺちゃぺちゃくっちゅん(0の意味)」 レイラさんの声

紙芝居 ぺちゃぺちゃくっちゅん(0の意味) 作・絵:まつい のりこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1980年09月
ISBN:9784494074891
評価スコア 3.5
評価ランキング 34,536
みんなの声 総数 1
「紙芝居 ぺちゃぺちゃくっちゅん(0の意味)」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 0の世界

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子16歳

    小学校のおはなし会用にセレクト。
    数学教育協議会の協力による、数学の0の概念を扱った作品です。
    ナビゲーターでもある、魔法使いの子ども、ペペが活躍します。
    お月さまが持ってきてくれたりんごをみんなで取り、
    残りが無くなったら、「りんごがない」ではなく、「りんごが0個」というのですね。
    少し難しいですが、数の世界で0という概念は、とても大切なので、
    そのあたりを感じ取ってくれるといいですね。
    もちろん、演者もしっかり理解しておかなくてはなりません。
    でも、ストーリーに沿って、0個ごっこをしていけば大丈夫。
    ラストはなかなか華麗なオチですよ。
    私も子どもたちと0個の世界を楽しみながら演じたいと思います。

    掲載日:2012/08/20

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「紙芝居 ぺちゃぺちゃくっちゅん(0の意味)」のみんなの声を見る

「紙芝居 ぺちゃぺちゃくっちゅん(0の意味)」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ゼツメツキグシュノオト』イベントレポート&インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット