もったいないばあさん かわを ゆく もったいないばあさん かわを ゆく
作・絵: 真珠 まりこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
川を舞台に、水の循環、命のつながりをテーマにした絵本です。

むこう岸には」 にぎりすしさんの声

むこう岸には 作:マルタ・カラスコ
訳:宇野 和美
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年05月
ISBN:9784593505081
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,255
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く
  • 子どもから学べ 

    ひるもよるも、小石のつぶやきがコプコプときこえる川。
    こんなはじまりです

    コプコプという表現がおもしろいなあ〜
    パステルカラーの川が優しい
    はたらきながら、かあさんがうたい、うたごえが川の音とかさなる
    とても平和な風景  でも・・・川の向こうを見てもダメ 行ってもダメとお父さんもお母さんも言うのです・・・・
    なぜ? こんなことをいうのかなあ?
    「向こう岸の人は 変なものを食べ かみもとかさず 私たちと違っている」

    なぜ?こんなことをいうのかなあ〜?(大人達は)

    でも・・・ 女の子は向こう岸から男の子が手を振ってくれ 舟に乗って向こう岸へ行ったのです
    そこで出会った人たち(男の子家族) 温かい人たちがいたのです

    お父さんとおなじ猟師 お婆ちゃんはショールを編んでいて自分のお婆ちゃんと同じよう
    男の子と女の子は友達になり 川に橋を架けたのです
    そして 川向こうの人と交流しあえたのです
    異文化の人たちと交流する事の意味を 子どもたちから学びましたね

    投稿日:2014/08/30

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「むこう岸には」のみんなの声を見る

「むこう岸には」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもが喜ぶ「うんち」がいっぱい!世界20ヵ国以上で翻訳の絵本

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット