どっせい!ねこまたずもう どっせい!ねこまたずもう
作: 石黒 亜矢子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本日は100年に一度の大相撲大会。無敵の大横綱、にゃんこのやまに対するは、奇々怪々な妖怪たち。さて、勝敗の行方やいかに!

森のじゃんけんぽん!」 伴門陶汰さんの声

森のじゃんけんぽん! 作・絵:はらだゆうこ
出版社:旺文社
本体価格:\1,238+税
発行日:2009年04月
ISBN:9784010695777
評価スコア 4.31
評価ランキング 16,406
みんなの声 総数 12
「森のじゃんけんぽん!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • パーといきましょう!

    人間の捨てたゴミの行く先で、心がほっこりするドラマが繰り広げられていました。森で開かれているじゃんけん大会もいよいよ大詰め、オオカミのボスとキツネの大将による決勝戦です。景品は行司のカラスが集めたゴミの山。「欲しくない…」と思う読者とは裏腹に、「負けらんねぇ」と燃え上がる二頭。
    オオカミとキツネ、息子は見た目でキツネを応援していました。僕はというと、“パーを出す”と宣言して相手を動揺させる作戦をとる(いるいるこういう人と思った)オオカミが、逆にキツネに作戦タイムを取られて動揺し、鼻をほじりながら愚考を廻らすも、考えがまとまらず素直に“パーを出す”ところが好きです。
    キツネはというと、裏の裏を読んだのでしょうが“あいこ”になってしまい、おそらく後付けの言い訳でしょうが、予想を超える機知に富んだひと言で、めでたしめでたしでじゃんけん大会は幕を下ろしました。
    起伏が大きなお話しではありませんが、何度か読み返してしまう作品です。
    我が家のじゃんけんでも、しばらく“パーのあいこ”が続きそうです。

    投稿日:2010/10/31

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「森のじゃんけんぽん!」のみんなの声を見る

「森のじゃんけんぽん!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / ねないこ だれだ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / めっきらもっきらどおんどん / せんろはつづく / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / もくもくやかん / がまんのケーキ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.31)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット